ハイドロキノン

皮膚科でもらえる美白用薬
「ハイドロキノン」

ニキビ跡のシミや色素沈着を消すとき
皮膚科で処方されることが多い
「ハイドロキノン」

皮膚科で処方されると
安く手に入る美白クリームです

とても美白効果がありますが!
正しく使わないと肌トラブルがおこるともいわれます

効能として
・紫外線によるメラニンの抑制
・シミや色素沈着を薄くする

市販されているハイドロキノン配合の美白クリーム
配合濃度が1~2%以内なので肌トラブルあまりおきません

それでもお肌の敏感な人は赤くなったりヒリヒリします

皮膚科で処方されるハイドロキノン入りのクリーム濃度
2%以上になることが多いので肌トラブルがおこりやすいです

濃度が濃いということは効果も早い
ただし、気を付けないと肌トラブルや副作用も増えてくる

効果を焦らないでいいなら、市販品が安心できます
じっくりとお肌を改善していくほうが安全ですね
を使い続ければ、透明感のあるキレイな肌に近づいていきます

痛風の痛み止め薬

残念ながら痛風は完治しません

痛風の症状が治まっている状態
いわゆる寛解(かんかい)の状態にはなります

痛風は完治しなくても日常生活をおくれます
生活習慣の見直しや食事療法で変わらない生活ができます
つまり、痛風の症状を抑えることが可能です

尿酸値が上昇した時点で再び症状が現れてしまう
日頃の尿酸値コントロールが非常に重要な病気です

薬の服用や生活習慣の改善で症状が出なくなる
こんな人が多くいます
あくまでも一時的に症状が治まるというだけです
痛風が完治しているわけではありません

痛風になってしまうと、痛風の痛み止め薬を飲む人もいます
一生尿酸降下薬が手放せないといわれます

生活習慣や食生活の改善で尿酸値の上昇を食い止める
ところが何かの拍子に尿酸値が上昇する可能性もあります
こんなときに痛風の痛み止め薬が活躍するんでしょうね

いかにして痛風にならないかが重要であるといわれます
痛風になってしまった場合には症状を発症させない生活
まだ痛風になっていない人は痛風にならない生活をしましょう

Vライン黒ずみ

本格的に暑くなってくると!
薄着の季節になってきますね

水着をきる機会も多くなるでしょう
Vラインのケアは大丈夫ですか?

黒ずみなどがあると恥ずかしいですよね
しっかりとVラインをケアしたい

こういったVライン関連の商品が注目されています
けっこう人気があるようですね( ̄▽ ̄)

こういったものを使ってみてはいかがでしょうか?